コラム一覧

育児休業が最長2歳までに

★★育児休業が最長2歳までに★★ 「1歳になったときに子が保育所に入れず育児休業を1歳半まで延長している 社員。1月半ばに子が1歳半になるが、4月からの保育園入所が決まったと連 絡してきました。1月半ば過ぎから4月の復帰までの数カ月間、休業を認めよ うと思いますが・・・」 数か月前、こんな相談を受けたことがありました。 こんな方には...

アルバイトの雇い方

★★アルバイトの雇い方★★ 「これから繁忙期なので、4カ月くらいの期間、アルバイトを雇おうと思い ます。どんなことに気をつければよいでしょう。」 1日の労働時間は8時間の人や短時間の人など様々な形態を考えているとか。 アルバイトも労働者。労働関係法令の適用があります。また、労働時間や雇 用契約期間により入らなければならない社会保険に違...

副業を認めますか?

★★副業を認めますか?★★ 「従業員から「副業を認めてほしい」と言われたがどうすれば?」 私生活の自由な時間の使い方を制限することはできないという考え方もあり ますが、多くの会社では原則として正社員の副業・兼業を認めていないと思い ます。 政府は働き方改革の一環として、副業・兼業を積極的に認めていく方向のよ うです。 副業は...

「えるぼし」をご存知ですか

★★「えるぼし」をご存知ですか★★ 女性活躍推進法が施行されてから1年余りがたちました。女性労働者が活躍 できるような環境づくりに積極的な企業は「えるぼし」認定を受けることがで きます。 ■重要ポイント───────────────────────── 女性が活躍している企業は厚労省に申請すると「えるぼし」認定を受けること ができま...

正社員になりたいですか?

★★正社員になりたいですか?★★ 大企業を中心に6月1日から新卒者の面接選考が正式に解禁となります。来春 の学校卒業予定者は、大企業の正社員になることを目指して、就職活動をする のでしょうか。 リクルートスタイルの若者は、社会人未経験でも、有期雇用でいろいろ経験 を積みたいなんて人はいないでしょう。日本のような「正社員」は他の国にあ まり...

時間外労働トラブルを防ごう!

「終業時刻には帰るよう急に上司から言われ、業務量は減らないのに、困っています・・・」 事務機器のメンテナンスをお願いしている方の言葉です。 外回りの営業職の労働時間は、本人任せにしていた会社にも、長時間労働を良しとしない動きが広まってきているようです。 長すぎる時間外労働はどんな問題があるのでしょう。 ■重要ポイント─────────...

大きく変わったキャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金が平成29年4月1日から大きく変わりました。 昨年1年間にも数回改正があったキャリアアップ助成金ですが、4月のパンフレ ットを見てびっくり!助成金額が全面的に変わったのです・・・ 重要ポイント 労働関係の助成金の多くに4月から、生産性向上の要件が加わりました。 キャリアアップ助成金はどう変わったのでしょうか。 ...

研修時間は労働時間?

「研修時間は労働時間になるのでしょうか?」研修というだけでは労働時間かどうか決められません。その判断基準は? 重要ポイント研修時間が労働時間かどうかは使用者の指示の有無が判断基準となる。指示は明示されたものだけでなく、黙示の指示も含まれる。平成29年1月20日に出た新しい「労働時間の考え方」のガイドラインでは、参加が義務付けられている研修や使用者の...

割増賃金の計算は大丈夫?

「割増賃金の計算が間違っているという指摘を受けた・・・」労基署の労働条件の調査に出向いたところ、思いがけず割増賃金の差額の支払いを命じられたといいます。どこに間違いがあったのでしょう。 重要ポイント労働条件等の調査では、割増賃金の計算方法をチェックされ、不足額には支払いを命じられる。年次有給休暇の取得を促進するよう、年次有給休暇管理台帳を作成する...

確定拠出年金に加入しますか?

2017年1月1日からほとんどすべての人が確定拠出年金に加入できるようになりました。どのような制度なのでしょうか。 重要ポイント個人型確定拠出年金の加入範囲が公務員や主婦にも広がったが、まずは制度のメリット・デメリットをしっかり押さえたいものだ。 確定拠出年金の制度概要iDeCo個人型確定拠出年金のホームページをみると「これまでの公的年金や確定給...

労使協定あれこれ

カレンダーが新しくなるのに合わせて、1年単位の変形労働時間制の協定を締結、届出する会社が数多くあります。一緒に36協定を出すようにしている会社も多いです。36協定などはおなじみの労使協定ですが、労働基準法では14の場合について労使協定を求めています。労使協定のなかには監督署に届出が必要なものとそうでないものがあります 重要ポイント 労使協定は、...

通勤災害になる

「自転車通勤の従業員が仕事帰りに通勤経路を200メートルほど外れたところにあるドラッグストアで牛乳を購入、その後店の駐車場で転んでけがをしたが・・・」運悪く、顔面を傷つけるケガとなり、しばらく仕事を休むことになりました。通勤災害として労災保険の給付が受けられるのでしょうか?通勤災害になるとならないとで、どんな違いがあるでしょうか。 重要ポイントもし、...

75歳になると医療保険は?

「75歳になるのですが、医療保険はどうなるのでしょう。働いているので医療機関にかかったときは3割負担になるのでしょうか。」 重要ポイント75歳になるとどのような人も後期高齢者医療保険に加入します。被用者であった場合は健康保険被保険者証を保険者に返納して市町村から発行される(手続き不要。郵送されて届く)保険証を使います。医療機関にかかったとき、現役並み所得...

65歳からの雇用あれこれ

今月から社会保険の加入要件が短時間労働者にも拡大されます。(対象は501人以上の社会保険の被保険者がいる事業所)来年1月になると雇用保険も適用拡大が行われます。現在は雇用保険に加入できない65歳以上の労働者も雇用保険に加入することになります。その具体的な取り扱いが発表になりました。また、高齢者雇用についての助成金も拡充される見込みです。 重要ポイン...

研修医の自殺を考える

新潟市民病院に勤務していた30代の女性研修医の自殺について、遺族が8月17日、新潟労働基準監督署に労災申請したと報道されました。(8月18日、新潟日報)どのようなことがあって労災申請になったのでしょう。労災になるとならないの違いは何なのでしょう。 重要ポイント 過重労働はあってはならないといわれ続けている中で、また身近で悲しい事件が起きた。過重労...

介護休業法が変わります

育児休業をとる人は多くなっていても、介護休業はまだまだ取得実績が少ないのではないかと思います。 介護のために離職する人は年間10万人以上 と伝えられています。8月から介護休業をしたときの給付率が上がり、来年1月から介護休業をとりやすくなるような法改正が行われます。 重要ポイント 平成29年1月1日から介護休業法が改正され、休業が今までよりとりや...

◆育休トラブルを防ごう!◆

「産前の休みに入る社員がいるので、休暇のしくみやもらえるお金のことなど説明してもらえないか」確かにいつどのような手続きをすればよいのか、いつまで休めるのかなど、出産を控えた女性労働者はお産への期待や不安に加え、休業中のことや職場復帰について心配が・・・。 重要ポイント産前の休暇に入る前の従業員には、労働基準法や育児休業の規程、社会保険・雇用保険のしく...

違法な長時間労働で企業名公表?

違法な長時間労働を行っていた会社の名前が公表されました。行政指導の段階で、企業名が公表されたのは初めてのことです。どんな背景があったのでしょう。 重要ポイント全国展開しているような企業で100時間を超える残業が常態化していると、是正指導の段階で企業名が公表されます。 企業名が公表された会社の実態是正指導が公表されたのは、千葉市に本社がある棚卸業務...

女性活躍推進法って何?

女性活躍推進法の行動計画を4月1日までに労働局に届け出た企業が71.5%と報さ道れました。従業員数301人以上の企業は行動計画の策定が義務付けられたのです。 中小企業(300人以下)は義務ではありませんが、努力義務が課されています。 いったいどんな法律なのでしょうか。 重要ポイント 日本の女性の働き方の典型は、出産前は正社員で、子育て後はパ...

特別条項って何?

「月の残業時間が42時間を超える部署があるのですが、36協定はどう書けばよいのでしょう?」こんなご質問を受けました。 この場合、特別条項付の時間外労働の協定 を結ぶ必要があります。 重要ポイント 時間外労働が限度基準を超えるときは特別条項を付けた36協定を締結しなければなりません。 特別条項には特別の事情がどのようなことなのかについて明記し、限...

108件中 1-20件を表示